home
my account
contact
奇跡のターコイズ ランダーブルー 超一級品  8.65CTS
Turquoise
奇跡のターコイズ ランダーブルー 
超一級品 レア ターコイズ  8.65CTS
原産国 アメリカ ネバダ州
重さ

8.65カラット

サイズ 19mm X 13mm X 6mm

コレクター垂涎の、ランダーブルーの超一級品を入手する事ができました。

先日リリースいたしました、ダニーボーイ・ターコイズに引き続き、 今回は、ターコイズコレクターには、いつかは手に入れたいと思う ランダーブルーの最上級品をリリースいたします。

ランダーブルーとは、今日アメリカンターコイズの中で最も高価なターコイズです。コレクターや、ファンの方なら、誰しも希少性や価値、その美しさについて聞いた事があるかと思いますが、なかなか実物の、また、ここまでトップクオリティーのランダーブルーを見られた方は少ないのではないかと思います。


ランダーブルーは、 1973年、ブラックジャックのディーラーであった、リタJ. Hapgoldがピクニックに訪れていた際、バトルマウンテンとTenaboの間にこの鉱脈を発見しました。 彼女が持ち帰った原石の塊は、美しいスパイダーウェブで埋め尽くされ、 瞬く間に噂が広がったといいます。

同年、彼女はマーヴィンサイムとヘンリー·ドリアンに売却し、彼らは、 Lander Blue Turquoise co.を設立し、本格的な採掘を始めました。

しかし、採掘された量はわずか100ポンド程(約45キロ)でした。帽子に入ってしまう程の量ということから、ハットマインと呼ばれています。 最も希少で高価なターコイズと呼ばれています。

ですので、1970年代に採掘されたランダーブルーの採掘量からして、 ほとんど市場に出回らない(出回る事の出来ない)ものだという事が わかるでしょう。

現在、オークションやインターネットショップ等で
見かけるランダーブルーと呼ばれているものは、本物なのか??
少し疑問もでてきます。多くがチャイニーズターコイズを見せかけたものが流通している様に思われます。

しかし、ターコイズは判別が難しい等言われておりますが、プロの目から言って 格段の差があり、その違いは歴然なのです。

このランダーブルーは、現ランダーブルー鉱山のオーナーから直接譲って頂いた物です。
Lander Co.,の出所証明書 CERTIFICATE OF AUTHENTICITYもございます。

他のチャイニーズターコイズ等をランダーブルーと呼んでいるものと比較すると、 明らかに違いが分かります。 鮮やかで透明感のある濃ブルーに入り込む、超緻密なスパイダーウェブが鮮明に入り込み、特有の黒いスパイダーウェブは、金色の糸が絡み付き、折り込まれている様に見えます。

Lander Blue Turquoise co.から送られて来た物は
ルーペで覗くとかなり荒削りな。。”アメリカン”が磨いた様な仕上がりとなっておりましたので 成る可く、カラット数を落とさぬ様に慎重に磨き直しを行いました。


磨きは、このスパイダーウェブを鮮明に引き出す様に、ひと皮ひと皮、慎重にダイヤモンドペーストで磨いております。

ほとんどのターコイズのカッターは、1万4000メッシュでフィニッシュとするのですが、 今回の磨き直しは、14000のあと30000、50000、120000、200000と気が遠くなる様な、行程で磨き戻しました。

滑る様な艶やかな仕上がりとなっております。また、ハイドームに仕上げましたので、一生もののペンダントトップや、リングなどにもよろしいかと思います。



<中央宝石研究所の鑑別書を別途料金でご用意致します>

販売価格

0円(内税)